年頭のご挨拶/2022年

 / 企業情報
株式会社スリープテクネ/株式会社エムール 代表取締役 / 高橋 幸司
年頭のご挨拶/2022年

謹んで年頭のご挨拶を申し上げます。

2021年は、私達にとって力を蓄えた一年でした。新型コロナウイルスの影響が続く中、日本が、世界が見えない敵に向かって様々な対応を進めた一年でした。私たちも、変わるものと変わらないものを見極めて、本質的なことに絞り、自分たちのビジネスを磨いてきました。その結果の一つとして、弊社スリープテクネを含むエムールグループは、第19回多摩ブルー・グリーン賞の最優秀賞を受賞いたしました。過去最多の153件の応募の中から選ばれたことはこれまでの取り組みに対するご評価として自信になりました。と同時に、受賞のその日からさらにビジネスモデルを磨いていくことを誓いました。

日本経済はワクチン接種の進捗と医療関係者の皆様のご尽力によって感染状況は落ち着いてきており、回復の兆しがありますが、まだまだ先行きは不透明です。新型コロナウイルスの影響はこれから様々な場面で顕在化すると思われ、働き方・所得・雇用状況の変化、社会保障・税制の変化など様々な要因が絡み、国民の生活がどうなるのか、消費需要がどうなるのかが見えるのはもう少し先のことになると思われます。

 

事業の振り返りと展望

そうした中、私たちエムールグループは「眠りで世界の人を元気にする」というビジョンの元、2021年も各事業領域において伸長、前進させることができました。

国内EC事業

主要ブランドである「エムール」では、寝具から家具へのアイテム拡大が順調に進んでおり、インテリアでの提供領域が広がってきました。「エムールベビー&ファミリー」や「エムールねどっこ」といった専門ブランドも地力がついてきました。特に立ち座りを楽にするシニア向けの「エムールライフ」は順調に成長していると言えます。また、2021年にフルリニューアルした公式サイト「EMOOR」(https://www.emoor.jp/)は、寝る・くつろげるアイテムをより買いやすく・見やすくすることができ、お客様にとってより使いやすいサイトへ進化しました。このことにより、今後の成長への土台が出来ました。

海外EC事業

アメリカ・カナダでの販売を中心に、多くの困難がありながらも力強く成長しています。新型コロナウイルスの影響から国際的な交流が断たれる中、日本の文化をお届けし続ける意義は大きいと考えております。2022年は一層の発展が遂げられますよう、より多くのお客様に日本の良き文化をご提案してまいります。

睡眠関連事業

2013年より仮説と実証検証を繰り返して参りました睡眠事業は、新たな概念の構築に成功し、企業様との協業の案件が増加した一年でした。いよいよ2022年には可視化されたサービスとしてお見せできる予定です。また、日本睡眠学会第46回定期学術集会の一般演題で「女子プロサッカー選手と一般女性の睡眠・生活習慣の比較」に関する研究について口演発表いたしました。研究機関である睡眠・生活研究所の活動も引き続き行ってまいります。

今後は「睡眠環境」を整えることを目指したEC事業と、「睡眠生活習慣」を良くする睡眠関連事業、そして睡眠・生活研究所での活動との融業を目指し、真の「睡眠改善企業」となり、日本が世界に誇れるビジネスの形をつくれるよう磨いてまいります。

 

新たな節目となる2022年ですが、変わらぬビジョンの追求と本質を貫く経営力で前進させていきます。本年も何卒宜しくお願いいたします。

 

2022年1月4日
株式会社エムール
株式会社スリープテクネ
代表取締役
高橋 幸司